ウィッグ通販Raf.クリアランスセール開催中


ウィッグ通販サイトRaf.[ラフ]  
ウィッグを長持ちさせるために

ウィッグケア用品のススメ

扱いかたによってウィッグの寿命は大きく差がついてきます。

使った後にそのままポイっと放置したままだと、絡みやすく傷みがちです。

ウィッグを長く楽しむためにウィッグ用のケア用品でお手入れしましょう。

日常的には、ブラッシングと風通しの良いところでの陰干しでケアして、汚れやニオイが気になったときに洗うようにしてください。

ウィッグを長持ちさせるのに必要なケア用品と洗い方をご紹介します。

おすすめのウィッグケア用品

ウィッグ専用ブラシ

ウィッグ専用ブラシはウィッグを使用後のブラッシングやスタリングの際に使います。

ブラシは毛先から

日常的なブラッシングのケアは毛先をやさしく梳いたあと全体をブラッシングします。

絡んだ部分があれば、無理やりブラシをかけることはNG!
少しずつ指やブラシでほぐしてください。小さい絡みであればその部分のみカットしてもOKです。

人毛用のブラシでウィッグをブラッシングすると、静電気で毛が切れたり傷んだりします。

ウィッグ専用ブラシをお持ちでない場合は、購入をオススメします。

ウィッグシリコンスプレー

ウィッグを長持ちさせるためにとくにおすすめしているのが、ウィッグシリコンスプレーです。

ブラッシングの前にウィッグから15cm位離して軽くスプレーをふります。
あとは毛先から優しく
ブラッシングしてください。

自然なツヤを保つ

自然なツヤを保ち、なめらかな指どおりが続きます。

毎日のケアを行う必要はありませんので、ツヤがなくなったり、指どおりが悪くなったと感じたら、ケアしてください。

スプレーをかけすぎた場合は、タオル等でふきとるか洗ってください。

ウィッグスタンド

ウィッグを収納するのに
便利なウィッグスタンド!
ウィッグを洗ったときに干す際も、型崩れ防止になります。

ショートやボブ、ミディアムなど、毛足の短いウィッグの保管にオススメしております。

ウィッグハンガー

ロングウィッグの保管も楽々
ウィッグハンガー。

クローゼットに引っ掛けて使えてかんたんにウィッグを収納することができます。
もちろんショートウィッグの保管もOK!

洋服のように吊るして保管できる
ウィッグハンガー

吊るして保管することができるので、毛足の長いセミディやロングには特にオススメ!
もちろん、もちろんショートの保管もOK!
ウィッグを干す際にも重宝します。

また、扉のあるクローゼット等であれば、普段目に触れることがなくなりますので、お部屋をスッキリと保管できます。

ウィッグケア用品は同時購入が断然お得!

フルウィッグと同時購入することでお安くなるウィッグスプレーやウィッグ専用ブラシなども一緒にオススメしております。

フルウィッグを「お買い物カゴにいれる」時に同時購入で一緒にご希望のケア用品をご選択ください。

同時に購入することで、お得な割引価格が適用され、送料もかかりません。

単品購入の場合、
送料がかかる場合がございます。
(6,300円以上お買い上げの場合は送料無料)

ウィッグケア用品同時購入画面

※ケア用品を割引価格で購入する場合は、商品を購入する時に「同時購入」で一緒にご購入ください。ウィッグと別に単品購入した場合は割引適用されません。

ウィッグの洗い方

洗い方についてですが、ウィッグ用のシャンプーをご使用いただくといいのですが、 なければ人毛用のシャンプーでも問題ありません。

ただし、当店の商品は人毛ではありませんので、人毛用のトリートメント類は効果を期待できません。
※人毛MIXタイプの場合、人毛(約50%)のみには効果が期待きます。

洗うときは優しく

必ず、常温以下の水に、人毛用のシャンプーをご使用の場合、洗面器等で少量(あまり泡立たない程度)を水に溶かして、 ごしごし洗わず、衣類の手洗いのように優しく押し洗いします。

部分的に気になるところは、指でつまんで軽くこすってください。

※長時間のつけおきはおすすめできません。
※ウィッグ用シャンプーをご使用になる場合の分量は、記載されている指示に従ってください。

洗った後は、常温以下の水で、十分に洗い流し、 タオルで優しくはさむようにして、水気をとり、形を整えて陰干しします

※洗い流す際もごしごし洗わず、流水ですすぐように洗ってください。
※ウィッグハンガーをご使用いただくとうまく干すことができます。

しっかり乾かす

なお、当店の商品は耐熱性になりますが、 温水で洗ったり、ドライヤーを使用しての乾燥は、型崩れの恐れがありますので、ご注意ください。

十分に乾かした後は、軽くスプレーして、ブラッシングしてください。

※乾燥が不十分だと、
カビや悪臭の原因になります。

おすすめ記事
ウィッグ初心者のための選び方ガイド
ウィッグのサイズ選びで迷ったら

ウィッグ通販サイトRaf.[ラフ]